にきび

思春期からから大人のニキビまで
多くの方が悩みます。
白いニキビから膿をもった赤いニキビもあり、出る場所も様々です。

【にきびの原因】

原因は複雑とされますが
根本的には下の4つの原因に集約されると
考えられています。

①お肌のバリア機能の低下
②過酸化脂質の蓄積
③ホルモンバランスの乱れ
④ストレス

①お肌のバリア機能が弱くなっていると
お肌の常在菌バランスが悪くなり
アクネ菌が悪さをしますし

バリア機能の低下がお肌のターンオーバーの乱れを招いて
毛穴詰まりをおこしやすくなります。

②体内に過酸化脂質が溜まっている場合は
それを排出する出口となってニキビができてしまいます。

③ 特に現代人はエストロゲンが
体内に過剰になっていることが問題です。
エストロゲンは炎症性物質なので、細胞に炎症を起こします。
体内に過酸化脂質が溜まっている場合は炎症がおきやすいです。

④ストレスもコルチゾールというホルモンを産生させますが
脂肪酸を酸化させたり、タンパク質を壊し、それがニキビの原因になる場合があります。
また、身体全体の代謝も下げますので
お肌の生まれ変わりも遅くなり、
ニキビが治りにくい状況を生んでしまいます。
当サロンでは
食事をはじめとした生活習慣や体質、代謝が高いかどうか
これまでのスキンケアや薬歴などを見つめ直して

あなたのニキビの原因を紐解いていきます。

黒ずみ毛穴 解決のご提案

ニキビが出来ていたら
皮脂をしっかりと取り除くために
洗顔をしっかりしなければいけないと思っていませんか?

これは、間違った考え方です。

まずは、あなたのお肌のバリア機能が
いま、どんな状態になっているかの確認が必要です。

原因を探り当てた上で
最適な洗顔の強度、保湿の強度を
探していきましょう。

あなたに最適なホームケア方法をお伝えします。

植物油脂の含まれる加工品を食べたり
植物の油を使って炒め物や揚げ物をよく食べる方は
体内に過酸化脂質が蓄積します。

過酸化脂質は身体にとっては異物であり
どうにか体内から排出しようとします。

お顔の肌のバリア機能が弱っているとそこから排出させようとしますし
便秘があったりすると
なおさら、皮膚から排出しようとします。
また、エストロゲン様作用のあるもの
(ピル、ステロイド、発酵していない大豆製品、プラスチック製品から出る環境ホルモン)
が体内に多くなっていると
皮フが炎症をおこしやすくなります。
過酸化脂質(排出=燃やすべきもの)が多いと
エストロゲンが作用しあって
ニキビができやすい状態の身体に
なってしまっている方が多い印象です。

特にストレスがかかると
炎症が大きく広がっていきますし

コルチゾールが代謝を下げて
治りにくいニキビになる場合もあります。
スキンケアと食習慣、ストレスを見直して
ニキビのできにくいお肌を作っていきましょう。

 

当サロンでは以下のようなお化粧品や
サロンケアでニキビへのアプローチを行いケアします。

サロンでのお手入れ

■ALIFTトリートメント
お肌のバリア機能を正常化し、
ニキビのできにくい状態へ。
また、炎症を和らげます。

■セルース高濃度水素トリートメント
水素のイオン効果で
活性酸素を減らし、炎症が起きにくい状態へ。

ご自宅でのお手入れ

■アクアビーナス ピュアモイスチャークレンジングやソープを使った適切な洗顔

■ADSシリーズ  リッチホワイトエッセンス  ノーマルセット
ビタミンAを使いお肌のターンオーバーをスムーズにして適切なバリア機能を作っていきます。

■はちみつ ニキビの炎症を和らげます
日々、食べることで代謝を上げてニキビの治りやすい肌作りをしていきましょう。

最近の記事

PAGE TOP